やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

2012年07月

洞川は涼しいが・・・

オリンピック遂に開幕、触発されたわけではないが、
久びさにロングで山方向へ向かう。

柏原リビエールホールでみぃ~ちゃんと早朝6:00に合流して吉野方面へ。

屯鶴峯-御所-吉野口を通り吉野川へ抜ける。

いやはや、みぃ~ちゃん裏道までよく知っている。
奈良県民のボクがナビみて感心しきりである。
P7286963

前半は早朝に出たこともあって、黒滝まで快調にススムくん。

P7286975
黒滝森物語村にて、ここは川をプールのように使える、子供達気持ちよさそうに遊んでいる。

もうひと登リ、ローソンそっくり「モリクラフラフラ」(旧モーソン)でアイス休憩。

P7286983

洞川に10:30すぎに到着、銘水“ごろごろ水”の水場を超えて「母公堂」へ。
ここも、洞川湧水群(名水100選)のひとつがコンコンと流れ出ている。
冷たくて気持ちがいい、ボトルの水より百万倍うまい!

P7286995

ここは「女人結界」の関所のようなところでもあるらしい。
大峰山の女人禁制はいまだ続いており、賛否両論いろいろあるみたい。

流石に標高800m、日差しは強いが風は涼しく心地よい。

P7287001
11:00の開店を待って、シルベストお馴染み 「彰武」 で早めのお昼。
美味しくて、ボリュームがある、温泉街の中華屋さん。
宿泊もでき、夕飯は中華食べ放題なんだとか!
天津飯と唐揚げ頼んで、つい食べ過ぎてしまう。

帰路は、国道309で下市までダウンヒル。
吉野川沿いまで下ると熱波襲来!、ふたりして 「ヴ~!アヂアヂ」 泣きながら走る。

川沿いの歩道にある 「吉野川湧水」 で、涼と水分を摂る。
湧き水はどこも冷たくて、夏場はサイコーやね。

P7287004

吉野川沿いを東へ走り、近鉄を超えたところから芋峠へ。
暑さ絶好調で、サイコンの温度計が41℃を超える。

「芋峠ってこんなにキツかったっけ?」
二人して脱水症状か、10km/h以下でしか登れない。

トラブル発生。
半ば意地で使っていた、件のシューズが熱波とすり減りで、いきなりソールが剥がれた。P7287005

なんとか走れるが、引き足・摺り足がご法度になり、暑さにさらに追い打ちを掛けられ辛い。

さっきの吉野川湧水を詰めたボトルで、頭から水をかけながら、這々の体で何とか越え、
石舞台下の冷房の効いた案内所では、しばらく動けなかった。

みぃ~ちゃんと八木で別れて、コンビニ数珠繋ぎで帰宅。
アイス食べながら、サイコンみたら日陰に置いてあるのに、40℃オーバー。
(走っているときは焼けたアスファルトと相まって、41℃超え・・・)

P7287007
いくら山道がおおくても、平均20.8kmはいけませんですナ。


今回、真夏の日中は走るもんではないと、改めて悟った。
そして、シューズの交換はお早めに(笑)!!

しかし、吉野行脚は良いコースてんこ盛りで良かった、
イイ季節に是非また行きたい、開拓したい!!

みぃ~ちゃん、ご案内ありがとうございました。

距離165km/獲得標高1,850m
>みぃ~ちゃんBlog「洞川スタミナ丼」
 

夢から覚めると・・

DSC03031
 ■■■ 肩先端部に、ごく軽い 「青タン」 ■■■

さて、夢の様な一夜(笑)を過ごした翌日は、
寝不足の怠さと、担いだほうの左側の腰痛、
帰宅にジテツウでアクティブリカバリー!と思ったら、
肩が痛くて、ザックが全く担げない。

今朝になると、両腕と右側の腹筋・腹筋の横(腹斜筋)が筋肉痛。
流石に脚は自転車のお陰で何事もないが、情けない限り。

しかし、思わぬところの筋肉を使っているんだなあ。


嫁ハンが、天神祭りのTV中継を録画していてくれたので見た。

今までチラとしか見たことなかったが、今回は興味深く見ることが出来た。
しかし、生放送なので一番の見所である、神輿宮入までは放映されず残念。

船渡御は写っていて、外部からみた神輿船の神輿は
正に神様が宿っているが如く、神々しく輝いていた。

ありゃ、その影で自らが呆けている姿も映っているじゃない・・・ハズカシ
DSC03029

神輿

P7250160
 ■■■ 宮入り前、厚かましくもあこがれの鼻棒を担ぎました ■■■



この度、大変幸運な御縁があり、天神祭りの御輿を担がせていただくことができました。

DSC02852

今回は鳳講より鳳神輿を担ぎます。
※「講」…講社、天神祭りで結集集団のこと

通常、TVなんかでは、「ワッショイ、ワッショイ」と、
上下に揺すぶられている、[おみこし] の映像をよく見るのですが、
さすが、日本3大祭りの神輿の2基内のひとつ、
そんな甘いもんではありませんでした。

神輿は2tと言われ、担ぎ手は今回約160名
(だいたい70名が担ぎ10名が予備、それが2組と説明ありました)

単純に割ったら約30kg/人ですが、ギッシリと担ぎ手が詰まっている上、
動いているので、40kg以上を分担しているのではと思われます。
とにかく凄さましい重さで、通常は5分程度で交代しますが、
5分が持たず、神輿が傾げてしまうこともあり、喝を入れられ踏ん張ります。

祭りのメインは陸渡御(りくとぎょ)、船渡御(ふなとぎょ)、
約3000名もの行列で、3kmの道のりを進み、その後船で大川をパレードする。
神輿は、そのしんがりを勤め、陸路の半分程度を担ぐことになるのである。

船渡御になって、ようやく一息。
行き交う他の船と、大阪締めを交わしながら進む。
花火と川岸の出店の灯りを見ながら、弁当を頂き寛ぐのは格別。

DSC02908

そして、船着き場からは、クライマックスの宮入となる。

陸渡御ではへばり気味の担ぎ手も、目の色が変わり、
ハイテンション、アドレナリンあふれ一気に盛り上がっていく。

P7250182
(撮影:髭幅様)

そして宮入後、宮内の各講と締めの手打ちを交わし、還納祭となり終了した。

とにかく、担ぎ手が一致団結していく中にいると、辛さ・痛さ・しんどさは感じなくなる。

「楽しい」 「凄い」 では表せない、得がたい経験をさせて頂いきました。

お世話して頂いた氏と氏のお兄さん、
そしてお世話になった「鳳講」の方々にはとにかく感謝いたします。

ありがとうございました。

(後記)
神輿を担いでいるときの手打ち(大阪締め※)を行う前には、
必ず神輿を上げる、2tの神輿を頭の上に掲げるには、
とにかく 「気合い」 である。
(※大阪締め・・・ 「打ーちまひょ」 パンパン; 「もひとつせ」 パンパン; 「祝うて三度」 パパン パン)

ロードバイクはサイコンや心拍計、サプリを駆使して科学的にトレーニングをするのだが、
まだまだ神事には、精神的な「気」が最重要であることが思い知らされた。


今回一緒に参加の知人の方々へは、FBのメッセージに
ボクの撮った写真と、応援に来てくれた方の写真をUPしたURLを連絡入れておきました。
よろしくお願いいたします。

あと何回履けるかな?

DSC02829
 更に浸食がすすんだ、愛用のシューズ SH-R212

 最近は歩くと左足踵のピンが中に飛び出てくる様になったが、意外としぶとい。

 左足は、停車中に付くだけなんだけど、長年の使用で左右ではこれだけ差が付く。
DSC02830

 このシューズの最大の欠点は、ベルトにカーボンを使っていること。
 固いので、バネの様に自然と外れてきてしまう。
 反面、丈夫なので表面のビニールが劣化してもとりあえず使える。

 右はベルトをミシンで叩いて補修したが、左も割れてきた・・・が、もう縫わない(笑)
DSC02831

 早く新しいのに履き替えたいのだが、、、
 同じのをもう一足持ってるんだな。


 さあ今日は、天神祭だ!

祭り用品店


551047_346145298798188_840328836_n
 左から、肩当、きまた、足袋用くつした

肩当は御輿(みこし)担ぎ用で、これがないとシロウトは肩がエライ事になるらしい
きまたは、祭り用のレーパンやね、ただし下には下着(正式にはふんどし?)着用する
足袋用くつした、先割のくつした、5本指靴下もありとか



いよいよ明日は天神祭本宮。

今年は、良い機会に恵まれ参加できることになった。

お祭りシロウトなので、最低限の装備?をそろえることになったのだが、
祭り用品なんて、いったい何処に売っているんや?

通販サイトもあるんだけど、現物を知らないのでどれを買っていいか不安である。

お世話していただいた方に、大阪市内の祭り用品店を数件教えてもらい、
平野にある、木田呉服店が営業先の近くなので、仕事中にちょっと寄り道。

祭り用品店は、岸和田にあるとは聞いていたのだが、
ここは、大阪市内最大の地車祭がある、杭全神社の目と鼻の先だった。

599902_346145292131522_672326200_n

祭り用品店なんて初めてでワクワクドキドキ。
とにかく面白いもんが並んでいる。

314881_346145278798190_495100902_n
 足袋だけでもめっちゃ沢山種類がある!
 エアーマックスならぬ、エアータビが主力商品みたい

1315927805-261025314881_346145278798190_495100902_n

006_b005_b

【楽苦 猿】ジャージ・パンツ

0316ada7

明日(7/24)より、一旦集計・発注作業にはいります。
先払いにて受注確定となりますので、
ご注文の方には順次「ご請求」の連絡をさせて頂きます。
よろしくお願いいたします。
脇(左)に個別ネームを入れることが可能(オプション+¥525)


(覚書・確認メモ)
 さるさる氏-半袖XXL(瓢鯰ネーム)・パンツ?
 pocky氏-長袖XXL(瓢鯰ネーム)
 むらた氏-長袖LX(瓢鯰ネーム)
 髭幅氏-長袖XL(ネーム無)+パンツL(ビブ付・パットマスカット)
 akemi氏-長袖Mw(瓢鯰ネーム)+パンツXS?(ビブ無・グレープ)
 なす子氏-長袖Mw(ネーム入)
 麦酒大魔王氏-半袖M(瓢鯰ネーム)
 BATA氏-半袖L(ネーム無)+パンツL?(ビブ付・パットレモン)
 Oむら氏-長袖L(瓢鯰ネーム)
 とらちち-長袖L(瓢鯰ネーム・半袖も可) +パンツL?(ビブ付・パッドライム)

半袖:3 長袖:7 パンツ:5
サイズ・仕様等一部未把握

半袖14,000

長袖15,000

パンツ(ビブなし)12,000

パンツ(ビブあり)14,000

※3Dパッド+500円(実費)、4D+1,000円(実費)

※名入れ525円(実費)

珈琲「さんぽ」

P7226942

とうとう、禁断の実に手を出してしまった。
ひとりカフェ・・・(笑)

いや、ホンマなんよ。
今まで、ファーストフードか、ええとこベーカリーのイートインで、
空腹を満たすか、短時間の休憩を済ましていたのだ。

洒落たカフェで美味しいコーヒー・・・
蜜の味を知ってはいけない、
レーパン汗ビショで入ってはいけない、
と禁じていたのだが、つい魔が差した。

■明日香村岡55-4
珈琲 さんぽ

ひとり朝練で、吉野から芋峠を超えて明日香へ戻ってきた。

一息ついたら、無性にコーヒーが飲みた~い。

そんな時、一件のカフェを発見!
混んでなかったのと、峠を下って汗が乾いていたのにも後押しされ
いつも通らない脇道で良さげなお店に吸い込まれてしまいました。

P7226925
広くはないが、落ち着いた一人でくつろぐにはちょうどいい空間
大きな窓からの自然光の中にいると落ち着きます

P7226932
小腹も空いていたので、モーニングプレート(+¥350)とコーヒー
自家焙煎のコーヒー(コスタリカ?)は、
挽きたて入れてくれて、久々にコーヒーで「美味しぃ!」と感激

P7226923
お店にピッタリのマスター?
手が空いた時には、焙煎した豆を広げて、不良の粒を取り除いていましたヨ

こちらが聞いたことだけ、ニコニコと教えてくれる優しそうな方でした。


P7226937
ちょうど、お知り合いの工房の風鈴を店内で展示販売中

涼し気な音色は癒されます、手作り風鈴の音色はホントにいい音を聞かせてくれます。

えっ?風吹いてるの?って

P7226939
実は、外が意外と爽やかなんで、窓(扉)を全開にしていただきました

時候がいい時は、外にテーブルが出てオープンカフェにもなるとか・・・

P7226941

コーヒーが美味しかったから、2杯目(マンデリン、おかわりは¥200引き)
こちらも香りが高く、しっかりと苦味の効いた大変美味しいコーヒーでした。

大変ゆっくり出来ました。ごっそさん ( ^人^ )


ええ店見つけたで、明日香に行く楽しみが増えた。

吉野川詣で

P7226897
■■■ この風景は癒されます ■■■


今日の朝練は、葛城-五條-大淀-吉野-明日香。
6時前にでたので、残念ながら「ヤムヤム」オープン(8:00)には早すぎた。

コンビニで補給して、吉野川沿いを東へ。
今日は高取城の峠でなく、「芋」から明日香へ戻る。

P7226905


P7226906
これは、この前の豪雨で崩れた所
しばらく通行止めだった

P7226907
ここは、今回の豪雨で崩れたのかな・・・?

芋峠を超えて、石舞台古墳の近くのカフェで一服。
いや~、アタリ(ボクの好み)だわ。(次回記載します)

P7226942


P7226943
当初休憩・補給予定だった、お馴染み「ラスティックベーカリー」。
カフェによったので、おみやげを購入。


飛鳥川沿いを走っていたら、また 「動く石」!
今度は小石だったけど(笑)。
P7226949_

P7226953
相変わらず、「聞く耳持たず」 です。

獲得標高1,070m/90km

雨の十三

最初に書いておく。
雨の花街の艶っぽい話ではない。
(大阪人しか分からないか?)

今朝は全くの無警戒で、ジャージ・レーパンで玄関を開けたら雨。
小降りだったので、いまさら着替えるのも面倒くさく、そのまま出発した。

麓から見る峠は、雲に埋もれて見えない。

DSC02805

悩んでいるうちに麓に到着。
まだたいした降りではない。

DSC02808

今日も、カメ・ツバメ・カエルが轢かれている。
とくに、雨の後は多い。南無阿弥陀仏・・・
麓から峠への道では、カブトムシが数匹轢かれている。
見上げると街灯があるので、明かりに飛んできたのだな。

DSC02810

中ほどまで登ると本格的な降りに。
カバンにレインカバーを掛け、ライトを前後とも点灯させる。

夏の登攀中上りの雨は気持ちいい。
どうせ、汗で濡れるのだからカバン以外は一緒である。

DSC02814

峠は土砂降り。

打って変わって下りの雨は、視界悪く、ブレーキ効かない、グレーチング(側溝の蓋)が恐ろしく滑るので、厄介である。
なにより、ブレーキがチビる~!!
ああ、小市民。

DSC02817
大阪側に下ると雨は小降り。

振り返ると、峠は雲の中。



さて、来月末は決算、まったく処理を進めてないので、
昨日は1日中会計事務所と膝つき合わせて指導をうけた。

今日も事務所に縛り付けられるのか・・・。
隙見て、とある買い物に抜け出したいのだが。

箕面ジャージ【楽苦猿】補足

楽苦猿イメージ

 【楽苦 猿】ジャージ イメージ図 (クリックで拡大)
※実際の着用イメージに近づけるため、パンツを重ね、影・エンボス効果を若干かけました。前傾はパンツを多めに重ね、後姿はパンツを浅めで、乗車姿勢イメージに近づけるためジャージ上部も若干圧縮してあります。

脇の柄は見えてませんので、下記を参照してください。
楽苦猿1上
(クリックで拡大)

最終単価決まりました(7/20後記)
半袖14,000
長袖15,000
パンツ(ビブなし)12,000
パンツ(ビブあり)14,000
※3Dパッド+500円(実費)、4D+1,000円(実費)
※名入れ525円(実費)

和柄ジャージは、一見派手に見えますが、柄が細かいこともあって着用してしまうと落ち着きがあり良い感じになります(経験談)。
小ロットオーダー&個別ネームということもあり、高価ですが、満足度はかなり高いと思います。
(通常はデザイン代金が上乗せされるのでこの価格ではできません!)

是非、この機会にいかがでしょうか?
価格・購入条件等は
http://blog.livedoor.jp/torachichi/archives/11758590.html
参照してください。


【補足事項】
パンツのパッドは選択可能
 ライチ(2D)比較的短距離の方におすすめ
 レモン(2D)短~中距離の方におすすめ
 ベリー(2Dwoman)
 キウイ(トライアスロン)

↑ここまでが追加料金無し

 マスカット(3D)+500円
 グレープ(3Dwomen)+500円
 ライム(4D)+1,000円

詳しくはhttp://www.valette.jp/item/pad.html

またメーカーにサイズ参考用の試着を依頼しています。
梅田店になりますが、入手しましたら試着会も検討中です。

●現在のお申込み状況(サイズ等は予定)

 さるさる氏-半袖(瓢鯰ネーム)・パンツ
 pocky氏-長袖(瓢鯰ネーム)半袖も可
 むらた氏-長袖(瓢鯰ネーム)LX
 髭幅氏-長袖XL(ネーム無)+パンツL
 akemi氏-長袖Lw(瓢鯰ネーム)+パンツXS
 なす子氏-長袖Mw(ネーム入)
 JAJA氏-?
 麦酒大魔王-半袖M(瓢鯰ネーム)
 とらちち-長袖(瓢鯰ネーム・半袖も可)L +パンツL(ビブ付・パッドライム)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード