十三2ルート
「新ルート」と言っても、大したことではない。
ジテツウ峠越えルートを一部遠回りしてみただけなんや。

【十三峠】
大阪側は基本的に1ルート(途中南から合流するルートはある)だが、
奈良側は、色々なコース取りが出来る。

どうしても登攀が嫌いなんで、アップダウンの登り返しがもったいなくて(笑)、
いつも最短のルート(上記水色コース)を常用していた。

平群役場前からプール(平群スポーツセンター)までは今までのルート、
[→十三峠]の案内にそって、右の細い道を登るのだ常だが、
今回は、まっすぐ2車線道を進んでいく(上記紫ルート)。

DSC03343

いつもの最短ルートは、斜度の変化が激しくキツイところは15%程度あるのが辛いねん。
タコの吸盤路(急斜路の滑り止め)はキツい・ガタガタでそこを思い出すだけで足が遠のく。

変わって、こちらは、良路・斜度変化が少なく・2車線路と走りやすい。
サボってゆっくり登ることも出来る。

登りをしばらくガンバルと、信貴山から続くフラワーロード(広域農道)に出る。
DSC03345

生駒方面(北)へ向けアップダウン2回で、十三峠への何時もの分岐点。
左折(西向き大阪方面)し、2km登ると十三峠に到着やで。

平群役場-十三峠が最短5km、今回のルートはプラス2kmの7kmチョイで、
10分弱余計に掛かるが、こちらのほうが気分よく走れる。

これからは、朝が暗くなる。
乗鞍も終わり峠や練習へのモチベーションも落ちるんやけど、
いつもの国道25号ルートより圧倒的にカロリー消費は多いハズ!!
できるだけ使って行きたいナ。


大阪側を下りはじめたら、峠の桜の木は早くも紅葉・落葉の兆し。
季節は間違いなく進んでいるようやね。

DSC03346

DSC03352

峠を降りたら、さっき超えてきた信貴-生駒山系あから朝陽が登ってきた。