やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

霧か霞か‥

DSC01801
《土手向こうの河川より流れこんで来た霧が溜まり、風景を一変》


DSC01799
《何でもない田畑、朝焼けと霧で、絵画に》


DSC01821
《大阪側も霧、路面が濡れていてスリッピー、対向車とグレーチング(溝の格子蓋)は要注意》


 SONY DSC-WX10 

霧や視程に関する用語(気象庁HPより)

視程
水平方向での見通せる距離。
 (備考)
 a) 音声伝達では「見通し」を用いる。
 b) 方向によって異なる場合は、通常、最小の距離をいう。


微小な浮遊水滴により視程が1km未満の状態。 用例 霧が発生する。霧が薄く(濃く)なる。

濃霧

視程が陸上でおよそ100m、海上で500m以下の霧。
 (備考)
  濃霧注意報と同一基準で用いる。濃霧注意報の基準は地方によって多少異なる。

もや (△)
微小な浮遊水滴や湿った微粒子により視程が1km以上、10km未満となっている状態。

かすみ (×)
備考 気象観測において定義がされていないので用いない。

煙霧 (△)
乾いた微粒子により視程が10km未満となっている状態。

黄砂

アジア内陸部の砂漠や黄土高原などで強風によって上空に舞い上がった多量の砂じんが、上空の風で運ばれ、徐々に降下する現象。春に観測されることが多い。 用例 黄砂現象があった。黄砂を観測した。

大阪湾めぐりはオモロかった

DSC01773
■■ 娘とヨメハンとで大阪湾巡りポタに行ってきました ■■


お世話になっているお店で、初心者イベントとして行われる
「大阪湾巡りラン」

短距離・平坦で、補給やトイレに困らず、
普段は通らない埋め立て地を跨ぐ巨大な橋を越えたり、
「渡し船」や川を横切るトンネルを通ったりの体験もある
“安近短” ならぬ “安近短楽楽”(安い・近い・短い・楽ちん・楽しい)コースがある。

そこで、春の好日に娘とヨメハンを誘って行ってきました。

オリジナルのコースから、少しでも楽に(距離を短く)と、
発着を伝法大橋の近く“梅香”からとし、「渡船」も1回増やして3回に、
休憩場所も、「天保山」から、その前後の「USJシティウォーク」と「IKEA鶴町」とし、
更にラクチンルートにした。
(結局ルート間違いをして、距離が短くならなかったが・・・)

--------------------------

淀川堤防を、突端の北港ヨットハーバーまで走り、常吉大橋を渡ると舞洲

DSC01718

かの有名な大阪市のゴミ処理施設がお出迎えとなる
世界的芸術家「フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー氏」の設計とのこと
建築家でなく、芸術家の設計と言うのが頷ける

舞洲から此花大橋で、いったん本土(笑)「桜島」へ

DSC01723

此花大橋の桜島側は、有名な[グルグル歩道]
ロードバイクには不快で滑る “滑り止めタイル” だが、これでスピード抑制される

猛スピードで降りてくるママチャリのオトッツアンが怖い

DSC01728

桜島といえばUSJ!けど入場するわけにはいかないが、
雰囲気を楽しもうと、[ユニバーサルシティウォーク]で休憩。
クレープ(MONI&TOY'S)を食べさせて、
キャラメルナッツポップコーン(ポップコーンパパ)を買う。

DSC01736

桜島から天保山へは、[天保山渡船]を使う。
みぃ~ちゃんから、「本数少ないよ」 と教えてもらっていたので時間を調べて
10分前に乗り場に到着、あれ誰も居ない・・・
ポップコーンを食べながら待つと、どんどん乗客がやってくる。

後で分かったが、慣れた人はみなギリギリに渡船乗り場にやってくる

対岸(天保山)からの船が着くと、USJスタッフらしき、
ブロンドヘアのカッコイイ兄ちゃんや、グラマラスな姉ちゃんが降りてくる。

初の自転車で渡船、思ったより揺れるがそれが楽しい
天保山で、「日本一“低い”山」 に登頂し、海遊館・ハーバービレッジを眺めながら通過
本日一のメインイベント、[なみはや大橋] がやってきた

p_namihayaohashi
([大阪市橋ものがたり]より拝借)

DSC01756

結構な登坂に見えるが ・・・・・・ 結構な登坂である!
ま、距離が短いし路面がいいので大した事はない
ただ、手すりが脇ぐらしかないので、外側が丸見でで恐ろしい

DSC01757

一気に、捲って上から見下ろしてやった、ザマミロ!

DSC01761

「あれが“タコ焼きドーム”やで」

DSC01766

なみはや大橋を降りると丁度 [IKEA鶴浜]
家具やキッチン小物はいらないのだが、2Fにはかなり大きなセルフレストランがあり、
チャリのカッコでも気にせずに食事が出来る

ちなみに、自転車置き場(ちょうどIKEAの字の下)も大きいので、
少々の団体できてもダイジャブなのだ!ここは使える
トイレも綺麗だし、1Fのビストロ(簡易カフェ)では格安でホットドックやソフトが食べられる

お腹いっぱいで出発、次も渡船

DSC01772

[千歳渡船] で大正区北恩加島へ
ここは20分間隔で、天保山渡船より小さい

そして、すぐまた渡船

DSC01777

[甚兵衛渡船] 15分間隔
尻無川河口を渡る小さな渡し船、1分で対岸へ到着
渡船は、渡る距離が短いほど、小さな船で運行回数も多い

川沿いに走ると程なく大阪ドーム

DSC01785

[ナインモール九条][キララ九条]の長い商店街を抜ける

DSC01787

商店街が終わり道路を渡ると [安治川トンネル]
ここは珍しい、川底トンネル
両端をエレベーターで乗降する

ここから、北に上がればスタート地点だったのに、間違えて安治川を遡る
大阪市中央卸売市場を超えて気づき、
野田阪神から淀川沿いに出て車にもどり終了

淀川沿いで、ディスクホイルにトンガリメット(エアロヘルメット)のTTバイクが通る
うちのクラブジャージや(ディスクホイルの模様から所長かと)
・・・PM3:00から舞洲でTT練するっていってたな



これは、素晴らしいコース!
是非、初心者もベテランにもおすすめします。

すこし退屈な後半の市街地をもっと上手く端折れたら、20kmチョットになりそう、
健脚な子どもでも、女性でも楽しめると思います。

今回は梅香起点25km予定が、野田阪神まで行っちゃたので30km強でした。

梅田起点だと35kmぐらいかな?

注意は、良く知らない埋め立て地、迷います。
スマートフォンかナビは必携。
今回ナビは今までで一番役に立ちました。

橋は端(堤防)のかなり手前から伸びていますし、同じような地形や橋が多いので要注意。

渡船乗り場も、見過ごしそうですので下調べは必ず必要です。

是非一度走ってみて下さい。

大阪湾周遊コース

明日は絶好のサイクリング日和。
季節の割に気温が少し低めなのが良い感じ。
娘と(気が向いたら嫁ハンも)、クラブの初心者錬で利用していた、
「大阪湾巡り」をアレンジしてトレースの予定。



(JR野田駅)-(新橋筋商店街)【ツール・ド・フランス(ベーカリー】-
【淀川堤防沿い】-【ヨットハーバー】-【常吉大橋】-(舞洲)-
【此花大橋】-【USJ】-【ユニバーサル・シティウォーク】-
【天保山渡船】-(天保山)-【天保山(標高4.53m)】-(海遊館)-
【マーケットプレイス】-【なみはや大橋】-【IKEA鶴町】-
【千歳渡船】-【甚兵衛渡船】-【大阪ドーム】-
【ナインモール九条商店街】-【安治川エレベーター】-(中央卸売市場)-

25km、渡船と橋、寄り道・見所満載、サイクリングと言うより見所巡りやな。
さて、どうなるか・・・

汗とオイルとファブリーズのバック

DSC01686

今日は、ジテツウバックを洗濯。
たまに洗わないと、電車に乗れない。

一旦中身を全部ぶちまけて、洗濯機へ。
しかし、ようけはいってるな。

DSC01683

財布・鍵数種・メガネ・常携行薬・文庫本・弁当・デジカメ・iPod、ぐらいまでは普通やけど、
チューブ・タイヤ・ワイヤー錠・十得ナイフ・乾電池・大きいバンドエイド・交通安全のお守り
このへんはチャリ乗り特有やね。

そうそれに、プリントアウトした“自転車の交通ルール&マナー(警視庁)”!
これは、以前に遭遇した
「おんどりゃ!チャリは歩道を走らんかい!」 と言うワカランチンのドライバー、
車道右側走行で 「兄ちゃん!スピード出すぎやで、危ないわ!」 と言うママチャのオバハン、
今度遭遇したらコレ見せ て言い返したんねん、と思って用意している。

DSC01689

残念ながらまだ一度も活用できたことはない。


バック自身も「VAUDE」の自転車用で、えらいイッパイポケットがついてる。

案の定、車の電子キーも入れたまま洗ってしもた・・・

DSC01687

中まで水が浸透していなかったので、セーフ!
危ないところやった。

DSC01688

スッキリ綺麗で、いい匂いになりました。

修学旅行

DSC01681

通勤途中の早朝に、大荷物の中学生がソチコチに目につく。

先日、うちの子供も同じような出で立ちで出てて行かけていた。
ちょうど修学旅行のシーズンのようだ。

友人や、嫁はんの話では、関西の公立中学は、九州、沖縄、山口とか西のほうが多いらしい。

検索したら、
修学旅行変更、7割九州に 震災影響で近畿の公立中
キャプチャ
と、やはり震災が大きく影響し、九州新幹線の開通も後押ししているらしい。

中でも、長崎がダントツの人気だとか。


沖縄なんて何とも羨ましいが、修学旅行の積み立て金、やはり結構多いとか。
別途、小遣い1マン、班ごとの体験費用も別途必要とかで、家計から結構な負担になるらしい。



当然、人数が多い学校だと旅行に動くお金も多い。
大口顧客なので、旅行会社も競争が厳しいらしい。
しかし、学校が決めた旅行会社を絶対に使うことになるので、個人では金額もプランも当然選べない、せめて安全第一であってほしい。

そのような背景からか、少し前に旅行会社と校長が癒着していた事件があった。
職員会議で、複数の旅行会社を検討しようとしていたのに、校長が既存会社を選んだ。
見返りに、格安でデラックスな家族旅行を世話してもらったとか。

こんなのは、氷山の一角だろうから、
学校行事の全ての見積もりや選定の経過はオープンにするべきだろう。



ボクは北摂(兵庫)の中学で、修学旅行は伊豆・熱海と決まっていた。
たしか「熱川バナナワニ園」は行ったと覚えているが、後のことは全く記憶にない。
いったいどんなコースだったんだろう?

みなさんは、何処でしたか?

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

QRコード
QRコード