やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

高津公園梅園

DSCF2747

1ヶ月半ぶりの更新。
まったく活動していないのでネタがないのもですが、

「のんびり行こうぜ」
と、年頭に書いたものの

仕事も、私事もエライっこっちゃになってしまい、
まったく自分のことが出来ない状態になっております。

土曜祝日は出勤・日曜は家(実家)の用事で、
「1月は行く」「2月は逃げる」
を地で行って、どうやら3月も去って行きそうな雰囲気。

ま、元気にはやってます。


今日は祝日、のんびり事務所で残務処理・出荷準備。

一駅乗り越してお散歩通勤。
日本橋から道頓堀川沿いを東へ、高津宮をぬけ上本町。

DSCF2699

DSCF2702

高津公園の梅園が見頃を迎えています。
小さいながらも200本20種類と都心部のオアシス。
写真には取れなかったですが「目白と梅」の組み合わせも見られ
春を感じることが出来ました。
DSCF2727
1本の梅の木から、白梅と紅梅、紅じゃないな桃色の梅の花。
「源平咲き」と言うんだそう。

DSCF2739

FUJIFILM X-H1 / XF56mmF1.2

2021 のんびり行こうぜ

2021web年賀状

多難なスタートとなりましたが、
日時は関係なく刻まれ新年を迎えました。

コロナ以外もいろいろとありまして、
とても「おめでとう」とは言えない状況なので、
今年の年賀状は牛(丑)が使われた、
時世になんだか合ったことわざがあったので引用です。

「牛の歩みも千里」
牛のような速度でゆっくりと進んでいても、いずれは千里に届くということ。
努力を怠らなければ、大きな成果を上げることができるというたとえ。

焦らず、のんびり行こうぜ。
なんだか、高校の頃熱中して読んだカヌーイストのエッセイを思い出しました。

本年もよろしくお願いいたします。

   2021年 うし年だけど、とらちち

山の辺の道、今度は脚で。

20201128 山辺の道ウォーク_201130_0
先週末は、奈良の代表的なウォーキングコース
「山の辺の道」
を友人たちと歩いてきました。

山の辺の道は、
奈良市の中心部から、布留・石上(天理)をへて、三輪(桜井)に通づる古代ルートで、およそ35kmにも及ぶ奈良盆地東側の山裾を通る、日本書紀・古事記にも記されている古代の道。

今回は、一般に呼ばれているハイキングコースとして整備されている南ルート14kmを大神神社を起点に石上神宮までを走破予定。
map
▶今回みなさんと歩いたコース(石上神宮公式サイトより)


ボクが地元ということもあり、
車を終点の石上神宮近くにデポします。
F2477
車置いて、ひとり朝の「石上神宮」(いそのかみじんぐう)を歩いてみます。
日本最古の書物である『古事記』において固有の神社名として名前が出てきており、日本最古の神社のひとつと言われています。
境内には多くの鶏が「神の使い」として放されているのが有名ですね。
昼間は林の中や岩陰に隠れているのか、朝には驚くほど多くの鶏が闊歩しています。

天理教本部の横を通り、銀杏並木を見ながら天理駅へ。
JR天理駅からJR三輪駅を桜井線で15分ほど。
ここで皆さんと合流。

さて、準備整えていざ出発。

スタート地点である、大神神社(おおみわじんじゃ)も日本最古の神社の一つとされており、本殿が無く、御神体は後ろにそびえる三輪山となります。

なので、神社の奥でお参りする部分は「拝殿」となり、この後ろに見ることは出来ませんが大小の3つの鳥居を横に並べてつなげたような「三ツ鳥居」が御神体との境界に設置してあります。
F2507
檜皮葺の「拝殿」
F2506
大鳥居ばかりが有名ですが、拝殿前の鳥居が独特で、2本の柱(標柱)の大注連縄がわたしてあります。一般の鳥居の前身と言う説もあり、大神神社の多くの摂社(本社に付属し、その祭神と縁の深い神を祭った社)のいくつか(狭井神社・桧原神社)でも見られます。

大神神社から、大和盆地が一望できる「大美和の杜展望台」(春のしだれ桜が有名)狭井神社をぬけ、しばらく整備された山道を歩きます。
摂社で一番大きい「狭井神社」は三輪山への登拝口があり、頂部の高宮神社にお参りも出来、病気を鎮める神としての信仰が篤くご神水の湧き出る薬井戸があったりしますので、またゆっくりとお参りに参りたいです。(今回は時間都合でパス)
F2512

大神神社から約2.5km、1時間弱で「桧原神社」に到着
F2517
ここも大神神社同様、三輪山が御神体となり「拝殿」すらなく、いきなり「三ツ鳥居」となります。
D30uUFxUUAEg3W5
大神神社の三ツ鳥居は見ることができませんが、ここは丸見え。

ico_mainview01
奈良県三輪素麺工業協同組合のマークにもなってます。


txt_contents04
出典「奈良県三輪素麺工業協同組合ホームページ」

檜原神社から見晴らしのいい道を三輪山沿いに北西に進むと
桜井の農村部に出ます。
山間のみかん畑の脇を抜け進みます。

天理はみかんの産地なんですねぇ。

無人販売所においしそうなミカンが・・・
でもここで買うと、あと10km近くを担いでいくことに

しばらくは農道や部落をつなぐ細い道をクネクネとたどり、
桜井の北端から、天理に入るこのあたりは
至るところに古墳、古墳、古墳!
「小山をみたら古墳と思え!」とばかり。

山の辺の道沿いにある大きなものは、
景行天皇陵(ランキング7位/全長約302m)
崇神天皇陵(ランキング15位/全長約242m)
大きさランキング1位の仁徳天皇陵(全長525m)には及びませんが、古代の天皇の崇拝力をまざまざと見せつけられるスケールです。
細かいのはホンマ無数に点在。

途中イチョウの絨毯に猫ちゃん、いやされますなあ。
1070153
その横が土産物屋さん、客寄せですか!?

崇神天皇陵を超え、開けたところが
ちょうど中間地点[天理トレイルセンター]
ここで一息。
img_07
トレイルセンターには【洋食 KATSUI】という、心斎橋から移転してきた洋食の名店が入っています。

ゆっくりと美味しい食事を・・・と思ったのですが密を避けたいのと、まだ先は長いので時間を惜しみKATUIの屋台で買ったカレーを、外のベンチで頂き燃料補給。

すぐ横が、紅葉百選にも選ばれている【長岳寺】ですが、、、
天気予報にはない小雨がぱらついてきたので先を急ぎます。

F2540
山の辺の道は、田畑や果樹園の中を抜けるのであちこちに無人販売所があり、それを覗き見しながらが楽しい時間。単調になりがちなウォーキングのスパイスとなります。

周りを歩いているグループも山の辺の道ウォーキングなので、前後しながら同じ人達と移動になりがち。その中で進むほどに旦那さんのリュックが野菜で膨らんでいくグループがおられました。

あ、また販売所!奥様たちは駆け寄っていきました。

山の辺の道の巧妙なところは(笑)、桜井は柑橘類、中間はお野菜、天理側は柿と野菜、、
巧みに品を変え無人販売所が迎え撃ってきます。F2518
F2523
F2539

話を戻して、先程の奥様方が品定めしている後ろ、
ネギを背負った旦那様が一言
「おい、少しは選んで買え!(怒)」
・・・笑えました。

まだ道半ば、ゴールの頃はどうなるんでしょうねぇ。。。

農村部からまた、山の方へ向かます。
「えっ、桜!?!」
1070162
ピンクの花と、紅葉したモミジ、、、、なんとも言えない風景。

天理観光農園の周りはまるで春!
1070163

調べたら、正真正銘の桜で
「ジュウガツザクラ」という9月下旬~4月にポツリポツリと咲いているらしく、紅葉や雪との風景が見られるという不思議な花のようです。
以前、小雪散る12月に来たときも咲いていたのを思い出しました。

この観光農園の丘を超えたらいよいよゴール【石上神宮】です。
朝も来たから本日2回目~!
1070167
鶏がお出迎えでゴール!
やはり13km超は結構な距離ですね。

車はすぐ近くにおいてありますが、ちょっと一服したい気分。

実はいいところがあるんです。
石上神宮のすぐ横に【ル・レーヴ】
original
ここは超人気のカジュアルフレンチレストラン。
いつもレーパンで、指を加えて見ているんですが(笑)
今日は女性陣もいるので大手を振って入れます。

ちょうど、ティータイム(14:00~16:30)
密が怖いのですが、ま、混んでなかったら入りましょ、と恐る恐る入店すると、
OK、OK、ガラガラで広~い店内でゆっくりさせていただきました(50席とのこと)

ただケーキ類はほぼ売り切れたので、
名物「ル・レーヴ プリン」
なんと別名「鹿の糞プリン」(ホントにPOPにそう書いてある)

運ばれてきて、ワロタ
F2549
グリーンの抹茶ムースの上に、甘くないコーヒー味のタピオカ、そして鹿のビスケット。

これは、、、リアル!

でも、とっても美味しい上に、コーヒー(紅茶)付きで¥500(税別)
ランチ¥2000、ディナー¥5000を有に超えるお店なのに、これはとってもお得!
生き返りますねぇ。

楽しい行脚が無事終了。
参加の皆様お疲れさまでした。

また、違った季節に来たいな。

久々にロードで吉野へ

1070090
定番ライドの「吉野川詣」、好転に恵まれ、雄大な吉野川と秋空を楽しんできました。
(上写真「新椿大橋」より東吉野方面)

NEWバイク、CANNONDALE Supersix Evo Hi-modを初めてちゃんと乗車、さて、どんな具合?



夏から肩と手首を痛めてから、ほとんどライドしておらず、
CANNONDALEを10月から乗り出したのに、、、やっと3回目

体調も落ち着いてきたので、
「今日は100km乗るぞ!」と勇んで8:00頃出発

1070059
曽我川沿いに、御所から重阪峠超えて五條・吉野川へ。

御所の曽我川沿いは「京奈和自転車道」と標識と黄色い道標が書かれています。
(きっちりつながってないです、まず辿れません)
1070075

「重阪峠」は奈良盆地から吉野川へ抜ける一番楽な峠コースです。

※奈良盆地から南の吉野川へ抜けるには、必ず丘を超えなければなりません。
西から、
「風の森峠」R24
「重阪峠」
「車坂峠」R309
「芦原峠」R168
「壺阪峠」
「芋ヶ峠」
とあります。

重阪峠を超えると、R168(R24)と合流して五條へ。

吉野川にでたら、しばらくは県道39号を東へ。

道端から川岸を眺めると「紅葉」というより広葉樹が枯れてきている「黄土葉」風景ですが(笑)
1070077

しばらく川沿いを東へ遡り、下市超えて「新椿大橋」を北へ渡り「壺阪峠」から奈良盆地へ1070093
峠は車も殆ど通らないので、鬱蒼として道も荒れています。
1070111
峠から更に登ると「高取城跡」、、登りません!すでに脚が売り切れてます

峠を下ると、すぐ「壷阪寺」があります。(正式名:南法華寺)
いくつもの重要文化財を抱く、由緒正しき名寺なんですが、他の奈良の寺社仏閣に比べ派手なので、どうも好きになれず一度も正式に訪れたことはありません。
この日も道端から伽藍を眺めただけ。

ここでギブアップ。

壺阪山駅からR169沿いに飛鳥へ。
途中で人気の 台湾料理【福源】覗いたら、ありえないガラ空き!
密を避けてコンビニランチかと思っていたのですが、ラッキー!
1070113
[炒飯定食]¥980(税込)

相変わらずのコスパ、セットとは名ばかりで、
普通サイズの[炒飯][台湾ラーメン]に、でかい[唐揚げ×2]に小皿。
満腹すぎて、く、くるしい。

ココからはのんびり。
道の駅飛鳥(近鉄飛鳥駅)でトイレ借りて素直に帰路へ。
1070122

結局94km、ブランクありすぎて体重アップ・体力ダウンで100km走らずでした。

NEWバイクは、とにかく気持ちよく走ります。
「踏め踏めGO!GO!」と、バイクが煽ってきます。
乗ってる人の体力無視して。

聞いていたことなのですが、いきなり踏めなくなります。

今までの自転車がアルカリ電池の用に徐々に脚を削るなら、
Supersix EVOHi-modだと、行けるぜ行けるぜ、突然ストン(笑)
まるでリチウムイオン電池。
29331870123_1e3ae3e64c

とにかく、身体を鍛えたらそれ以上に答えてくれるのは間違いないですね。
素晴らしい、がんばります。
1070138

天川紅葉狩りトレッキング(観音峯)

2143
観音平休憩所



ta2da兄さんの呼びかけで、洞川紅葉狩りに。

メンバは、ta2daさん、pockyさん、とみーさん、ヤマちゃん、ボク。

2132
この日は晴天で、下界の紅葉はまだですが、スタートの観音峯登山口駐車場(標高約800m)でも既に紅葉がいい感じです。

アテンドのta2daさんが、まず洞川温泉に自転車を置きに行きました。
ゴール地点がここから5kmほど先の温泉街を抜けた母子堂になるので、自転車で車を取りに戻ってくれることに、ありがとうございます。

その間にチラと「みたらい渓谷」の入り口を覗きに。
2121
軽く足慣らしして、登山口にどもります。

さあ、出発。
2134
駐車場から天川にかかる橋を渡り登りに入りました。
2141
程なく観音平休憩所へ
2138
チョット開けた所もあって、ta2da兄さんがドローンで偵察。
2149
ドローンの映像はこんな感じ、紅葉してますねぇ、いまから期待持てます。
Facebook_video_4684067981668290_4684067981668290.mp4_000003803
Facebook_video_4684067981668290_4684067981668290.mp4_000008307
Facebook_video_4684067981668290_4684067981668290.mp4_000032999
ココからしばらくは尾根に向かって急登します。
2152
「キッつぅ
2154
明るい広葉樹の森を登っていきます。

出発から一時間半ほどで見晴らしのいい
「観音峯展望台」
開けた尾根からは、山上ヶ岳や稲村ヶ岳が丸見えの眺望。
絶景かな!
2180
観音峯展望台は、観音峯山西側のすすきに覆われた小さなピーク。
SMOE-aL3Tj6V7cWymO2bXw
展望台の背景が「観音峯山」(標高1,348m)
NZYyPtrkQ-WX4KLWcUAtMQ
Facebook_video_4684068575001564_4684068575001564.mp4_000014847
ドローンの撮影、右端が「稲村ヶ岳」(1,726m)
2190
展望台東側は一面がすすきに覆われています。
2210
観音峯への木々の間を登っていきます。
紅葉が美しい。
2222
見上げれば錦の紅葉
2230
「観音峯」1347.4mはなだらかな森の中のピーク

ここから今回のピーク三ツ塚(標高1380m)へ。
今度は植林の中を。
2242
杉の植林の中を歩みます。春はこれないなあ、へクションっ!
2bhHAXKpT_-B3wedik1LCQ
苔むした倒木もいい感じ
LWujYxaVR665QQmwIloP3w
この日の最高地点、三ツ塚山(標高1,380m)で、もぐもぐタイム。
ガイドさんは、ドローンで周辺監視を怠りません。
景色いいですね~。でも、写真撮ってなかった

ここから法力峠へ。
急勾配の下りもあって、気をつけて進みます。
uot2pwtITCGvgfmc_dhEEQ

法力峠(1217m)は、稲村ヶ岳へ行く道と、洞川温泉に下る道に別れます。
もちろん、下界へ降ります。

歩きやすい植林の中のルートを淡々と。
2260
1060983
トトロの世界

チョット単調なトレイルで飽きてきた頃に、人里(道路)が見えてきた・・・2264
ゴ~ル!

ta2daさんが、先に自転車で車を取りに行ってくれている間、ぼちぼちと洞川の街を下って(温泉センター方面)いきます。

2281
いつ来ても町並みはいい感じですねぇ。

しかし、洞川の街は観光客はまばら。
やはりこの社会情勢の影響でしょうか?
1060986
街から見える山は針葉樹とのパッチワークになってます。

まちなかの旅館にも見事な紅葉。
2284

昼ごはん?は温泉センターに近い「亀清」
【亀清を紹介している記事】
に到着、ちょうどta2daさんも戻ってきました。
123553409_2669586576594621_2561636787805652231_n
1060994

店先でろばた焼きされた川魚「いわな」「あまご」「あゆ」各550円
名物は「子持ち鮎」850円

いや、ホンマ美味い。
川魚の臭みがまったくない、鮎は内蔵・骨まで食べられちゃいました。
1060995
ワタで作った「おつまみ」もサービスで。
ビール飲みてぇ!

ごはん類は、締サバおにぎり。
1060989
これがまた美味しくて3ケも食べちゃいました。

さて、お腹が満たされたので、最後は紅葉のお寺
「龍泉寺」
すばらしい!!!

とても口では伝えられませんので写真を。
2288
2296
2302
2306
2308
1070009
1070010

秋の盛をすっかり堪能し、洞川の街を後にいたしました。

企画からアテンド、車まで出してもらい、後日すばらしい動画までいただきました
ta2da兄さん、Special Thanks!! ありがとうございました。

ご同行の皆さんにも感謝です。

キャプチャ
▶ルート地図リンク

約9.7km 獲得標高850m
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード